キャッシング比較

キャッシング比較の神|比較するには仕組みを知る

MENU
RSS

カードローンを比較する時のポイントとして、大きくわけて3つの種類があります。
1つ目は消費者金融が発行している銀行系カードローン。
2つ目は信販会社やクレジット会社が発行している信販系カードローン。
3つ目はメガバンクや信託銀行、ネット銀行、地方銀行などの銀行と、農林中金や信用金庫などの共同組織金融機関が発行している銀行カードローン
があります。

 

一般的に、審査基準は銀行カードローンが一番厳しく、信販系カードローン、銀行系カードローンの順で審査はやや緩くなります。
金利面を見ると銀行カードローンが最も低金利で、信販系カードローン、銀行系カードローンの順に高くなります。

 

カードローンの共通点

申込み資格は、20歳以上で65歳~69歳までの定期的な収入がある人で、一部の銀行を除いて、パートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも申込み可能です。
申込みに必要な書類として最低限必要なのが本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)です。

 

消費者金融や総量規制対象外カードローンは借入希望額が50万円を超える場合や、借入希望額と他社での借入残高の合計が100万円を超える場合は、収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、給与明細書など)が必要です。

 

ただし、収入のない専業主婦の場合、配偶者の同意が必要なことや、本人名義での契約が出来ないという厳しい条件が付きます。

 

消費者金融系の金利・限度額を比較する

消費者金融系のカードローンは、申込み方法が店頭窓口、無人契約機、インターネット申込、電話、郵送から選べます。
特にメリットと言えるのが、土日、祝日でも申込みが可能でその場でカードを発行してくれる無人契約機を設置しているのが強みです。
無人契約機や消費者金融直営ATMが駅の近くにあるため、その利便性は群を抜いています。

 

また、消費者金融会社は借り手が指定した銀行口座に融資金を振込む、振込みキャッシングにも力を入れていて、振込みキャッシングはカードの発行・受け取りが不要なため、カードローンの審査に通れば、最短で即日に融資金を受け取ることができます。

 

また、多くの大手消費者金融会社のホームページでは、借入れ可能かどうか、簡単な借入前診断をしてくれるシミュレーションが利用できます。
実際の申込みをする前に、借入前診断で審査に通りそうかどうかを確認することができるので便利です。

 

大手信販系のカードローン

信販会社は消費者金融や銀行と違い店頭窓口で申込みができないケースがほとんどですが、インターネット、電話、郵送で申込みをすることができ,
口座に融資金を振り込む「振り込みサービス」も充実しています。
簡単にキャッシングが可能なのは、クレジットカードのキャッシング枠を利用することで、クレジットカードの審査時にキャッシングの審査も終えているので、カードがあればすぐにお金が借りられます。
信販会社は『貸金業法』の規制の対象で、銀行のカードローン台頭によって信販会社のカードローンの影が薄くなった感がありますが、銀行のカードローンに負けない低金利を提供しているクレジット会社もあります。

 

銀行カードローンの比較

申込み方法は、従来の支店窓口や郵送に加え、インターネット申込(携帯電話・スマートフォン含む)、電話、銀行口座を持っている人にはインターネットバンキングなど、申込み方法が増えています。

 

さらに、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行は、多くの支店ATMコーナーに大手消費者金融会社のような無人契約機を設置していますので、夜間や土日、祝日でも申込みができ、その場でのローンカード発行が可能です。
口座に融資金を振り込む「振込みカードローン」に力を入れる銀行も増えてきています。

 

銀行のカードローンは、金利は低いが、消費者金融に比べ、「審査が厳しい」「審査からカード発行までに日にちがかかる」と今まで敬遠されていました。
しかし、最近は「即日融資結果お知らせ」「専業主婦(夫)でも申込可能」「借り換えもOK」などを歌い文句に、手軽さ、利便性を「売り」にする銀行が増えています。
利便性が優れてきた銀行カードローンですが、何といっても最大のメリットは金利が比較的低いことです。

 

 

目的を決めて比較する

給料日までの一時的な借入をしたい時は、即日融資に強く、比較的審査が緩い大手消費者金融が適していますし、ちょっと多目のお金を借りたいので、金利の低いほうが良いという方は銀行カードローンから選べば良い事になります。
このように、目的を決めて探すと案外希望するキャッシング会社は見つけやすくなります。

 

また、比較項目は金利や、スピード審査だけでなく、利用中のサービスもあわせて比較する必要があります。
たとえば生活圏内に提携コンビニATMがあるか、あったとしても手数料無料で利用できるかなども、重要な比較ポイントになります